うるう日記

日々の音楽、ときどきオーディオ、楽器。 4年で1000枚のアーカイヴを目指します……

名古屋 CLUB UPSET でアカシックを観る

アカシック 春の対バンツアー「赤船来航」、5月17日 名古屋 CLUB UPSET。行って来ました。

 

対バンはベッド・イン。

深夜のテレビで何度か見かけたことがあっただけだったのでただのエロネタ芸人だと思ってたら、ベッド・インってちゃんとしたバンドだったんすね。知りませんでした。

あ、「地下セクシーアイドル」っていうのか。

しかもちゃんまいの方は普通にギターがっつり弾いてた。ソロとかも普通に上手で、客の煽り方はパンク・テイスト。パンクスあがりと見た。

客も、ジュリ扇持ってたりベッド・インのTシャツ着てたりするのがざっと見たところ半分近くいて、予想外にもこっち目当てがかなり多い。

最初に50分くらいやったんだけども、そういう状況だし、アカシックのメンバー使っての生着替えとか(笑)、例の反則技連発なので、盛り上がらないわけがない。

アカシック「CGギャル」のカバーも披露するサービス精神。

これはもしかするとアカシック食われちゃうんじゃないかとちょっと心配になる。

理姫も同じ不安があったようで、楽屋に届く差し入れがベッド・イン宛てばっかりってMCで愚痴ってました(笑)。

 

で、休憩はさんでいよいよアカシック

初めて観るライヴでの理姫ちゃんは、思わずちゃん付けしてしまうチャーミングさ。

「どうせ私なんか」的なやさぐれ感、場末のお水感、自分のチャームを熟知していてそれを存分に利用する悪女感、などなどを発散しながらも、サブカル、アングラ系の知性も感じさせる。やっぱり「健康な戸川純」ってイメージが頭をよぎった。

所作のひとつひとつが実に魅力的で、パフォーマーとしても素晴らしい。

もうそれだけで十分(笑)。

男も女もおりこうさんな感じのバンドばっかりになってしまった昨今、「おめーらクソして寝ろやー」とか言える女ボーカルは貴重です(笑)。

「バンドマンとか別に好きじゃないしー。もっと力持ちの方がいいしー。お金持ってる方がいいしー」っていうのが今回のベストMC(笑)。

 

アンコール含めて1時間強くらいだったので、もっともっと観たかったけども、ちっちゃいハコで間近で観れて幸せ。

今回はほとんどずっと理姫ちゃんに釘付けになってしまいましたが(笑)、バンドもみんな楽しそうに演奏してていい雰囲気。技術的にも十分でした。

奥脇くんのギターも予想通りよかったんだけれども、全編テレキャスで通すのはちょっと気になるところか。

曲の少なくとも半分くらいはレスポール系の太い音の方が絶対いいと思うんだけど。

よほど気に入ってんのかな、あのテレキャス

 

セトリもよかったし、ツアーずっと追っかけたいくらい(笑)。

早くも次の夏のツアーが発表されたけれども、遠方ばっかりで無理だー……

 

 

エロティシズム/アカシック

2枚めのフルアルバム。

素晴らしい。

個人的には5年に1枚レベルの傑作。

 

特に1曲目から5曲目までの流れは、理姫のやさぐれ感と毒気と知性の本領発揮という感じで、まさにこれを待ってましたっていう出来。

初期の良さがグレードアップして復活。

後半は前作「凜々フルーツ」路線でポップ色が強くなるけれども、捨て曲なしの充実のクオリティが見事。

「ブラック」とか「you&i」とか、名曲。

 

理姫って、決して歌がうまいわけではないんだけれども、行ってこい的なブチ切れっぷりが聴いててすごくカタルシスがあって、この感じはどこかで経験したことがある気がすると思ったら、戸川純に近いものがあるんじゃないかと思いました。サブカル的な匂いも含めて。

 

思わずライヴのチケット取ってしまいました。

明後日観てきます。

 

凜々フルーツ/アカシック

メジャーに移籍。初のフルアルバム。

インディー時代に比べるとずいぶんポップになった、丸くなった、毒気が薄まった、と思ってしまうのは、ジャケの印象だけではありますまい。

売れてやろうっていう色気が強く感じられるのは頼もしいけれども、これまでの理姫の強烈なやさぐれビッチ感を愛する立場からすると、やや残念な気もする。

 

が、じっくり聴いてみると、理姫の詞も含めて、曲自体はさほど変わっているわけではなくて、ポップ化した印象が強いのはアレンジの力が大きいということがわかってきます。

 

外部のアレンジャーとして釣俊輔も入っているけれども、奥脇くんの能力も相当大きいと思われ。

イントロだけ聴いてたら、aikoいきものがかりかと思うような曲もある。

すぐにでも蔦谷好位置くらいの仕事ができるんじゃないかとさえ思ってしまいます。

若いのに随所に遊び心もあって、感心しきり。

 

インディー時代みたいなトンガッたオルタナ・ロック風味がもっとあると個人的には嬉しいんだけれども、それでも「8ミリフィルム」とかはやっぱ名曲。

地味だけど「飴と日傘」や「うたかたの日々」「ロリータ」みたいな曲にも才気を感じます。

アルバム最後「夢遊」のギターソロとか聴いてると、奥脇くんは60~70年代のロック・クラシックスもちゃんと引き出しに入ってるなーと。

 

DANGEROUS くノ一/アカシック

メジャー1作目。

基本的にはインディーズの2作の延長線上だけれども、ややポップさが目立って、理姫の毒が薄まってる印象でしょうか。

「香港ママ」とか「ベイビーミソカツ」とか、奥脇の多才さ、器用さも印象的。

ジャケは個人的にはちょっといただけません(笑)。

 

 

プリチー/アカシック

インディーズ2作目。

基本的に前作「コンサバティブ」の延長線上。

ビッチ感強いジャケは歴代最高傑作じゃないかと(笑)。

 

夏の気だるさがとってもよく出ている「スーパーサマーライン」は名曲だと思います。

こういう曲ってなかなかない。

♫ 夏の彼氏超好きー

って、これぞ理姫の必殺フレーズ。

 

コンサバティブ/アカシック

久しぶりの更新ですが。

ここしばらくアカシックにハマり中。

 

まず曲がいい。

基本はロックの人たちだと思うけれども、歌謡曲風やオルタナ風、シティ・ポップ風もありで、引き出しが多い。

アレンジのセンスも文句なし。メロも超キャッチー。

大半の曲を作っている奥脇達也はギタリストとしても相当優秀と見た。

ソロのフレーズとか、20代とは思えないような完成度。

ぜひライヴで観たい。

 

そして、なんつってもボーカル理姫にやられました。

突き抜けたバカ女キャラとビッチ感をまき散らしながらも、随所にそこはかとない知性が滲み出てる気がするようなしないようなところ(笑)。

意図的なのか地なのか、ヤケクソみたいな、3次会くらいのカラオケみたいな、バカっぽい発声も素敵(笑)。ほんとは上手いのかヘタなのか。

椎名林檎もどきの優秀な若い女子はたくさんいるけれども、これは新ジャンル。

何歌っても重くならないのが素晴らしい。

メンヘラ女子は決して嫌いではないけど、あいみょんとか吉澤嘉代子とか、おっさんには共感できんからな(笑)。

 

詞も最高。

ほとんどは何言ってんのかわからないんだけども、それがよくて、なおかつ随所に名フレーズが出現します。

 

♫ 終電で帰る 嫌われる前に

 

とか、

 

♫ ああ 相談されても困る

 

とか、すっごい好き(笑)。

 

ひととおり全作聴きましたが、まずはインディーズ1作目(?)の「コンサバディブ」から。

 

発表順に聴いていくと徐々になんとか売ってやろうとしてるのが露骨で(笑)、そういう色気が見え見えなところもまた理姫のキャラに合ってていいんだけれども、個人的には音楽的にいちばんトンガッてるこのアルバムに愛着を感じます。

 

 

Careless Love / Madeleine Peyroux ケアレス・ラヴ/マデリン・ペルー

今宵もマデリン・ペルー。

 

やっぱこれはあれかな、なんちゅうか、ノスタルジックな古いスタイルのジャズを、特に何の意外性もないアレンジですごく普通にやってるだけと言えばそれまでなんだけれども、それをいい声といい演奏と良い録音でとっても丁寧に作ってあって、そうやって考えてみると、古いスタイルのジャズは古い録音でしか聴けないわけで、こういうものは過去にいくらでもありそうで実は全くなかったのかもしれないな、と。

 </p