うるう日記

日々の音楽、ときどきオーディオ、楽器。 4年で1000枚のアーカイヴを目指します……

DANGEROUS くノ一/アカシック

メジャー1作目。

基本的にはインディーズの2作の延長線上だけれども、ややポップさが目立って、理姫の毒が薄まってる印象でしょうか。

「香港ママ」とか「ベイビーミソカツ」とか、奥脇の多才さ、器用さも印象的。

ジャケは個人的にはちょっといただけません(笑)。

 

 

プリチー/アカシック

インディーズ2作目。

基本的に前作「コンサバティブ」の延長線上。

ビッチ感強いジャケは歴代最高傑作じゃないかと(笑)。

 

夏の気だるさがとってもよく出ている「スーパーサマーライン」は名曲だと思います。

こういう曲ってなかなかない。

♫ 夏の彼氏超好きー

って、これぞ理姫の必殺フレーズ。

 

コンサバティブ/アカシック

久しぶりの更新ですが。

ここしばらくアカシックにハマり中。

 

まず曲がいい。

基本はロックの人たちだと思うけれども、歌謡曲風やオルタナ風、シティ・ポップ風もありで、引き出しが多い。

アレンジのセンスも文句なし。メロも超キャッチー。

大半の曲を作っている奥脇達也はギタリストとしても相当優秀と見た。

ソロのフレーズとか、20代とは思えないような完成度。

ぜひライヴで観たい。

 

そして、なんつってもボーカル理姫にやられました。

突き抜けたバカ女キャラとビッチ感をまき散らしながらも、随所にそこはかとない知性が滲み出てる気がするようなしないようなところ(笑)。

意図的なのか地なのか、ヤケクソみたいな、3次会くらいのカラオケみたいな、バカっぽい発声も素敵(笑)。ほんとは上手いのかヘタなのか。

椎名林檎もどきの優秀な若い女子はたくさんいるけれども、これは新ジャンル。

何歌っても重くならないのが素晴らしい。

メンヘラ女子は決して嫌いではないけど、あいみょんとか吉澤嘉代子とか、おっさんには共感できんからな(笑)。

 

詞も最高。

ほとんどは何言ってんのかわからないんだけども、それがよくて、なおかつ随所に名フレーズが出現します。

 

♫ 終電で帰る 嫌われる前に

 

とか、

 

♫ ああ 相談されても困る

 

とか、すっごい好き(笑)。

 

ひととおり全作聴きましたが、まずはインディーズ1作目(?)の「コンサバディブ」から。

 

発表順に聴いていくと徐々になんとか売ってやろうとしてるのが露骨で(笑)、そういう色気が見え見えなところもまた理姫のキャラに合ってていいんだけれども、個人的には音楽的にいちばんトンガッてるこのアルバムに愛着を感じます。

 

 

Careless Love / Madeleine Peyroux ケアレス・ラヴ/マデリン・ペルー

今宵もマデリン・ペルー。

 

やっぱこれはあれかな、なんちゅうか、ノスタルジックな古いスタイルのジャズを、特に何の意外性もないアレンジですごく普通にやってるだけと言えばそれまでなんだけれども、それをいい声といい演奏と良い録音でとっても丁寧に作ってあって、そうやって考えてみると、古いスタイルのジャズは古い録音でしか聴けないわけで、こういうものは過去にいくらでもありそうで実は全くなかったのかもしれないな、と。

 </p  

Half the Perfect World / Madeleine Peyroux ハーフ・ザ・パーフェクト・ワールド/マデリン・ペルー

年が明けてから仕事が忙しくて、なかなかじっくり音楽聴く余裕がないのだけれども、疲れているときはエネルギー量の多い音楽は特に厳しいので、こういうのばっかり聴いてしまいます。

 

ほとんど(全曲?)がカバー曲なんだけれども、ほぼ原型をとどめてなくて、全編同じように聴こえる。

もともとこういうウィスパー系が好みで、ほんとはノラ・ジョーンズとかよりもこういうタイプが好き。

プロダクションも素晴らしい。

 

どんなコンディションのときでも安定して聴けます。

 

THE ELEPHANT KASHIMASHI BEST エレファントカシマシ・ベスト

録画しておいた紅白で初出場のエレカシを見て、いろいろ思い出すことがあった。

宮本浩次は近頃テレビでその極めて特異なキャラが改めていじられるようになりつつあるようだけれども、彼は正真正銘ホンモノの変人、奇人であって、若い頃はもっと深刻にアブナイ感じの人だった。

 

80年代、メジャーデビューのときのお披露目ライヴが、今はなき日清パワーステーションであって、面白いバンドが出てきたから見とけ的なことを言われて観に行った。

ミヤジのキャラは強烈で、客が歓声を上げると、睨みつけながら「お友達じゃねえんだぞ、こら」とか毒づいてた。

そしてバンドは演奏が下手でした。

 

当時はバンドブームで、レコード会社はどこも売り物になるボーカリストを探していた。

楽器が弾けるプレイヤーはたくさんいるんだけれども、ボーカルは歌がうまいだけでは売り物にならなくて、カリスマがなくてはいけない。

ミヤジには誰もが注目したに違いない。

 

うろ覚えのまま不正確なことを書くかもしれないけど、レコード会社は宮本とのソロ契約を希望していたとかいう話を当時聞いたように思う。

でもミヤジは、バンドでの契約でなければ応じないと突っぱねて、最終的にエピックがそれを飲んだ、とか……。そういう話だったと思う。違ったらすんません。

 

そこから売れるまで長かったけれども、自分がエレカシを聴いたのはその最初期だけ。

基本的にあんまり興味はない。

のだけれども、今回、ものすごーく久しぶりにこのエピック時代の、つまり、期待されながら全く売れなくて挙句に契約を切られた時代のベストを聴いてみたら、思いのほかグッと来るものがあった。

「ファイティングマン」とか「星の砂」とか、すげえ変な曲なのに、いい曲。

 

それにしても、紅白で見たエレカシは、相変わらず演奏が下手だった(笑)。

 

前々から思っているんだけども、エレカシを見てると、ニール・ヤングとクレイジー・ホースを思い出す。

エレカシも、クレイジー・ホースも、何十年も同じメンバーでやってるのに、ちっとも上手くならない。

普通はこれだけ長くやってたら、それほど練習しなくてももうちょっとはうまくなると思う。

それがならない。

簡単なことしかやってないのに、全員が初心者のように余裕なく一生懸命演奏しているように見える。

それでいて、か、だからこそ、か、何か鬼気迫るような、不気味なテンションがある。

 

もひとつ思い出した。

デビュー当初、エピック社内ではエレファントカシマシは、「カシマシ」と略されて呼ばれていたんだけれども、某RO誌が誌上で勝手に「エレカシ」と略したらそっちが定着して現在に至る、という話。

当時はそれだけ音楽誌の影響力が大きかったんですな。

 

Day Breaks / Norah Jones  デイ・ブレイクス/ノラ・ジョーンズ

デビューの頃に戻ったような、ぱっと聴いたところ原点回帰のような雰囲気だけれども、確実に深みが増してます。

ウェイン・ショーターはじめ一流ジャズメンを起用しながらも、そっちに振れすぎない、この絶妙なバランスのプロダクションが見事なんでしょう。

ジャンルの定義が難しい、しかしアメリカ音楽のいいとこばっかり集めたような名盤。